キャッシング超低金利金融サービス暴露

キャッシングで超低金利サービスを利用することで、最高の条件で自分に合ったサービスをお得に受けることが可能になります。数ある金融サービスの中から、確実な低金利キャッシングサービスを暴露します。

♪キャッシングの学び【住宅ローン】

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 住宅ローンの種類(02/11)
  3. 住宅ローンの賢い選択方法(01/22)
  4. 住宅ローンの特徴(01/02)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
住宅ローンはキャッシング(ローン)の中で、最も高額な融資になります。
それだけに通常のキャッシングのように、手軽に借りるというわけにはいきません。

住宅ローンには、以下のように様々な種類があります。


○公的ローン
・財形住宅融資:財形貯蓄を1年以上続け、預金が50万円以上ある人が利用できる。
・自治体ローン:各自治体が扱っているローンで、融資条件は自治体ごとに異なる。

○民間ローン
・銀行ローン:公的ローンよりも融資の条件が少なく、利用しやすい。
・生保ローン:銀行ローンと比べると窓口が少ない。提携ローンが多い。
・ノンバンクローン:クレジット会社や信販会社の住宅ローン。金利はやや高い。
・フラット35:低金利で長期固定を実現したローンで、多くの金融機関が扱っている。


住宅ローンは数十年という期間に渡って借り入れることになるので、単に金利や返済方法だけでなく、将来の自身の人生設計(定年や子供の養育費)も視野に入れながら資金計画を立てる必要があります。
スポンサーサイト
キャッシング会社の中にも、住宅ローン商品を扱っているところがあります。

住宅ローンには様々な種類があり、大きく「公的ローン」「民間ローン」に分けることができます。公的ローンには財形住宅融資や自治体ローンがあり、民間ローンは銀行、生保、ノンバンク(信販会社やクレジット会社)などが取扱いを行っています。

この他にも民間と住宅金融支援機構が提携したフラット35というローンもあります。
こちらは低金利の長期固定型ローンであるため、人気の高い商品となっています。

住宅ローンは非常に大きな額を長期間借り入れるため、一般には金利が安い方が有利です。

住宅ローンの金利には変動金利と固定金利があり、通常は変動金利の方が金利は低くなっています。
しかし金利が上昇気配にある場合には、固定金利を選んだ方が安全です。

また住宅ローンは金利だけでなく、返済期間や返済方法も考慮して選ぶ必要があります。
お金を借りるという広義の意味では、住宅ローンもキャッシングの一つということができます。

住宅ローンは長期間に渡って高額融資を受けることと、国民の生活基盤を整えるため住宅の取得を後押しする、という性格付けのため、金利はフリーローンのキャッシングに比べると低金利に設定されています。

住宅ローンでは、年収の約20%から40%を目安にして融資が行われます。
これを収入に対する返済比率といいます。

住宅ローンの審査時には、借入しているキャッシングやオートローン、持っているクレジットカードの限度額も含めて、審査基準の返済比率に入っていなければなりません。

住宅ローンの返済比率は、各銀行や借入希望額、使いたい金利によって違います。
もし住宅ローンの審査が通らず別の銀行や会社に再度申し込みをする場合には、審査基準の違うところを選ばなければいけません。
ブログ内検索
スタートページにする
女性に優しい低金利融資
他社借入限定の低金利
♪低金利キャッシング紹介
♪低金利カードローン
最近の記事
最近のトラックバック
リンク
ランキングに参加中です♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。