キャッシング超低金利金融サービス暴露

キャッシングで超低金利サービスを利用することで、最高の条件で自分に合ったサービスをお得に受けることが可能になります。数ある金融サービスの中から、確実な低金利キャッシングサービスを暴露します。

2008年01月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 銀行系キャッシングのメリット・デメリット(01/31)
  3. 2つのキャッシング審査方法とは?(01/30)
  4. キャッシング審査時の必要書類で審査が有利になる方法とは?(01/29)
  5. ネットでのキャッシング申込み手順とは?(01/28)
  6. 融資できる最低限の条件とは?(01/27)
  7. キャッシング会社がキャッシング申込み時で特に気にする属性とは?(01/26)
  8. 不動産担保ローンのメリット(01/25)
  9. ビジネスローンの魅力(01/24)
  10. 自動車ローンのメリット(01/23)
  11. 住宅ローンの賢い選択方法(01/22)
  12. トラベルローンの勧め(01/21)
  13. 目的ローンとフリーローンの違い(01/20)
  14. 限度額がなるべく大きい方がお得なキャッシング(01/19)
  15. 無利息キャッシングの勧め(01/18)
  16. 一度申し込めば社会人になっても継続して利用できる学生ローン(01/17)
  17. スタッフが全て女性のレディースキャッシング(01/16)
  18. 低金利キャッシングの勧め(01/15)
  19. 銀行系キャッシングに匹敵するほどのサービスを誇るネット系キャッシング(01/14)
  20. サービスや特典が充実している信販系キャッシング(01/13)
  21. 利息過払い金返還請求問題に影響の少ない銀行系キャッシング(01/12)
  22. 即日融資に優れている消費者金融系キャッシング(01/11)
  23. キャッシングで書類を要求されるケースは?(01/10)
  24. キャッシングの審査方法(01/09)
  25. 申込みから審査までのキャッシングの流れ(01/08)
  26. キャッシング審査時に有利となる職業とは?(01/07)
  27. キャッシングの申込み時に何を審査するのか?(01/06)
  28. 不動産担保の特徴(01/05)
  29. ビジネスローンの特徴(01/04)
  30. 自動車ローンの特徴(01/03)
  31. 住宅ローンの特徴(01/02)
次のページ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
銀行系キャッシング会社には、三井住友銀行グループのアットローンや、三菱東京UFJ銀行系のモビットなど、CMなどでお馴染みの会社があります。

銀行系キャッシング会社の大きな特徴は、低金利です。

消費者金融系と比較すると全体的に金利は低く設定されています。例えばアットローンやモビットで15.0%~18.0%、DCキャッシュワンで12.0%~18.0%となっています。

また融資限度額も消費者金融系と比較すると高額です。

ただし消費者金融系キャッシング会社と比べると数が少なく、やや利便性に欠けるという弱点があります。また審査においても柔軟性が欠けるという指摘もあります。

しかし低金利と高額融資は、銀行系キャッシング会社の大きな魅力と言えるでしょう。
また社会的な信頼性も高いので、初めてキャッシングをされる方には安心です。
スポンサーサイト
キャッシングを利用するためには、審査を受けてパスしなければなりません。
キャッシングの審査は、大きく2つに分けることができます。

そして審査の際に活用されるのが、「自動与信システム」と「信用情報機関」なのです。

○自動与信システム
キャッシング会社は過去の取引データを全て蓄積しています。その中からあなたによく似た属性を持つ過去の顧客情報をチェックし、そこからあなたの将来の利用状況を予測するのです。あなたに類似する属性モデルが優秀なら、審査では有利な判断が下されます。

○信用情報機関
信用情報機関にはキャッシング利用者の情報が管理されています。キャッシング会社はそこに照会を行い、あなたの過去の利用状況や現在の他社借入れ件数などを調査し、融資できるか否か、どの程度融資できるかを審査するのです。


この他にも審査では、申込み時の記入内容や本人確認書類のチェックも行います。
もし内容に嘘や誤りがあった場合、あなたの信用は低くなるので注意が必要です。
キャッシングの審査で必要な書類は、原則として「運転免許証」や「健康保険証」、「パスポート」など本人確認書類のコピーが1点となっています。

有効期限内の書類であれば、どれを提示しても問題ありません。

ただし提示する書類によって、審査が有利になることがあります。

例えば「公務員共済健康保険」や「社会健康保険証」、「組合健康保険証」は職業が判別しやすいため、信用度が高くなります。これに写真付きの運転免許証をセットで提出することでさらに信用度を上げることができ、審査を有利にできると言われています。

一方で「国民健康保険証」や運転免許証、パスポートは信用度が落ちます。

ただし運転免許証を提出したからといって、審査で落とされることはありません。
ですからあまり気にしすぎる必要はありません。

また50万円以上のキャッシングをする場合には、収入を証明する書類が必要となることがあります。担保や保証人を要求されるケースもありますが、通常は不要です。
最近ではインターネットを使って、キャッシングの申込みができるようになっています。
このサイトでは、便利なインターネットからの申込み手順を紹介します。

1、申込み
希望するキャッシング会社のホームページから、申込みをすることができます。
申込みフォームに必要事項を記入して送信すれば、申込み完了となります。

2、確認
キャッシング会社が電話やメールを使って借入れの意思確認を行います。
また自宅や勤務先への在籍確認も同時に行われます。

3、審査
申込みフォームの記入内容を基に審査が行われます。審査結果は電話やメールで連絡されます。金利や利用額などの融資条件があなたの希望と合わない場合、断ることもできます。

4、契約
あなたの口座への振込みが実行されます。後日、契約書が自宅に郵送されてきますので、必要事項を記入して返送します。これで契約が完了となり、カードが送られてきます。
キャッシングの申込みをしても、必ず融資を受けられるとは限りません。
キャッシング会社には審査基準が設けられており、これをクリアする必要があります。
また利用限度額も、審査基準に基づいて設定されることになります。

例えば審査では、年齢は重要な属性となりますが、一般的には20代~30代が最も有利と言われています。
また既婚者と独身者では、独身者の方が評価は高くなります。

この他にも他社借入れ件数も、審査では重視される要素です。
多くの金融機関からお金を借りている場合、融資を受けられないこともあり得ます。

キャッシング会社の審査基準は秘密になっているため、具体的には不明です。

しかし一つはっきりしていることは、審査基準は各社まちまちということです。
そのため1社で融資を断られても、別の会社で融資を受けられるケースは少なくありません。
新しくキャッシングを申し込む時には、自分の氏名や年齢、家族構成のほか、職業や年収、勤務先といった個人情報をキャッシング会社に提示しなければなりません。

キャッシング会社はこれらの情報を元に、審査を行っていきます。

以前は店頭でキャッシング会社の担当者と面談するという形で申込みが行われていましたが、最近では無人契約機やインターネットからも申込みが可能になっています。

業者と顔を合わす必要がなくなったことで、申込みがしやすくなったことは事実です。

その分、申込み時に記入する個人情報が、審査をする上で非常に重要になっています。

申し込み用紙の記入内容はキャッシング会社によって異なりますが、審査で重視される項目(属性)はどこも似たようなものと言われています。
一般的にキャッシング会社では、年齢や職業、電話形態、居住年数、他社借入件数といった属性を重視する傾向があります。
通常、キャッシングは小額の融資なので、担保や保証人なしで利用することができます。
しかし担保を設定することで、高額の資金を借り入れることができます。

土地や建物の不動産を担保にしたローンが、不動産担保ローンと呼ばれるものです。

不動産担保ローンには、資金の使い道自由のフリーローンと、使い道が限定された目的ローンに大きく分類することができます。

通常のキャッシングと比較すると、数十万円~数十億円とかなり高額な融資を受けることができます。
また利率も3~5%台となっており、低金利で借り入れることが可能です。

また返済期間も数十年と長く設定されているのが、不動産担保ローンの特徴です。

不動産さえ所有していれば、原則として保証人なしで不動産担保ローンは利用できます。
ただし不動産の査定を行う必要があるので、審査にはやや時間がかかります。
キャッシング商品の中には、事業者ローンというものもあります。

これは中小企業や自営業者を対象としたローンで、ビジネスローンとも呼ばれています。

取り扱っている金融機関としては銀行やノンバンク、消費者金融のほか、商工ローンなどがあり、その多くはスピード審査を売りにしています。
これは緊急的に資金が必要となることが多い事業者のニーズに対応したサービスと言えるでしょう。

また緊急時以外にも、不測の事態に備えた予備資金的な役割を持つ事業者ローンもあります。
これはキャッシングカードに似たローンで、いざという時には審査や手続きなしで融資を受けることができます。

融資限度額は一般のキャッシングと比較するとやや高額で、数十万円~数百万円程度となっています。

また担保や保証人なしで融資を行ってくれるところがほとんどです。
キャッシングの目的ローンの一つに、自動車ローンというものがあります。

自動車ローンとは自動車の購入や車検、修理、自動車学校の費用のためのローンです。

かつての自動車ローンは、自動車の購入時に利用されることがほとんどでしたが、近年では自動車ローンの幅も広がりを見せ、教習所の費用や車検、修理など、車に関わることなら全般的に利用できるようになっています。

取扱金融機関としては、銀行や信販、クレジット会社、消費者金融などがあります。

金利は使い道自由のフリーキャッシングと比べると低めに設定されており、原則として担保や保証人は不要となっています。融資額は10万円~300万円程度が一般的です。

必要書類としては、本人確認書類のほか、見積書や注文書を用意する必要があります。
キャッシング会社の中にも、住宅ローン商品を扱っているところがあります。

住宅ローンには様々な種類があり、大きく「公的ローン」「民間ローン」に分けることができます。公的ローンには財形住宅融資や自治体ローンがあり、民間ローンは銀行、生保、ノンバンク(信販会社やクレジット会社)などが取扱いを行っています。

この他にも民間と住宅金融支援機構が提携したフラット35というローンもあります。
こちらは低金利の長期固定型ローンであるため、人気の高い商品となっています。

住宅ローンは非常に大きな額を長期間借り入れるため、一般には金利が安い方が有利です。

住宅ローンの金利には変動金利と固定金利があり、通常は変動金利の方が金利は低くなっています。
しかし金利が上昇気配にある場合には、固定金利を選んだ方が安全です。

また住宅ローンは金利だけでなく、返済期間や返済方法も考慮して選ぶ必要があります。
キャッシング会社が取り扱う目的ローンの一つに、トラベルローンというものがあります。

トラベルローンは旅行の費用を借り入れるためのものです。このような目的ローンは通常、使い道自由のフリーキャッシングよりも低金利なので、旅行費用としてキャッシングしたい場合はトラベルローンを利用した方が有利です。

また旅費だけでなく、旅のお小遣いやその他様々な経費としても利用することが可能です。

ただしこれはあなたの旅行に対する融資なので、全く別の目的で使用してはいけません。

借入金額は、比較的小額の場合は原則として担保や保証人は不要です。
必要書類としては運転免許証などの本人確認書類のほか、旅行見積書や予約確認書の提出が求められます。

ただし融資が数百万円と非常に高額になる場合は、担保や保証人が必要になることもあります。
また収入証明書類などの書類を別途用意する必要もあります。
キャッシング(ローン)は、「目的ローン」と「フリーキャッシング」に分類できます。

目的ローンとは、住宅ローンや自動車ローンのように使い道が限定されたローンのことで、公的機関の他に銀行や信販会社、消費者金融などの民間機関が取り扱っています。

一般的には使い道が自由のフリーキャッシングと比較すると、目的ローンの金利は低く設定されています。そのため融資金の使い道がはっきりしている場合は、フリーキャッシングよりも低金利の目的ローンの方が返済負担を軽減できるというメリットがあります。

目的ローンの融資条件は各社・各商品ごとに異なりますが、一般的には「安定した収入のある20歳以上の方」が対象で、融資限度額は200万~300万円程度となっています。
ただし住宅ローンの場合は数千万円と非常に高額な融資となっています。

必要書類としては本人確認書類のほか、利用見積書が必要になります。また各商品ごとに収入証明書などの書類が必要になることもあるので、確認する必要があります。
キャッシングでは幾らまで借りられるのか、というのは気になるところです。

キャッシングの限度額は各社ごとに異なりますが、大体300万円程度となっています。
しかし中には500万円の高額融資を行っている会社もあります(オリックスVIPローンなど)。

ただその額まで融資を受けることは、かなり難しいです。

収入面などの様々な条件をクリアしなければなりません。通常、50万円以上の融資を受けたい場合には、収入を証明する書類の提出が求められます。

ただし50万円以下の一般的なキャッシングの場合は、本人確認書類さえあれば、担保なし・保証人不要で利用することができます。そしてこの手軽さが、キャッシングの最大の魅力と言えるでしょう。

またキャッシングの限度額と、実際にあなたが利用できる額は異なります。高額の融資を受けたい場合には、実際に幾らまで融資してもらえるかを各社で比較する必要があります。
キャッシングの中には、一定期間内なら無利息で融資を行ってくれる無利息キャッシングというものがあります。その期間内においては、金利が全くかからないサービスです。

無利息の期間は10日や15日などキャッシング会社によって異なりますが、中には30日間無利息というサービスを行っている会社もあります。その期間内は利息が全くかからないので、短期間で返済できる場合には経済的な負担を軽減できるメリットがあります。

ただし注意すべき点があります。

ほとんどの無利息キャッシングは、初回のみ無利息になっているということです。つまり2回目以降の利用では、通常の利息を払う必要があるので気をつけてください。

しかし中には何度でも無利息で借入れができるキャッシング会社もあります。

ノーローンの1週間無利息サービスです。
1週間以内に返済できれば、次回も無利息で利用できるので大変お得です。
学生をターゲットとした商品に、学生キャッシング(ローン)があります。

一般的なキャッシングの申込み条件は「安定した収入のある20歳以上の方」となっているため、収入の少ない学生の方では希望通りの融資をしてもらえないケースがあります。

そんな学生層を顧客の中心に据えたのが、学生ローンです。通常のキャッシングと比較すると、学割があるなど学生にとってはお得なサービスもあります。

一般的な申込み条件は「20歳以上の大学生や短大生、専門学校生、予備校生」で、担保や保証人なしで融資を受けることができます。必要書類は学生証のコピーさえあればよく、一度申し込めば社会人になっても継続して利用できるというメリットもあります。

また学生ローンを利用したからといって、学校の成績や就職活動に不利になることはありません。
さらに両親に連絡が行くこともないので、安心して利用することができます。
レディースキャッシングとは、女性をターゲットにしたキャッシング・サービスです。

近年では働く女性も増えており、女性が安心して利用できることを目的に誕生したのが、この女性専用キャッシング(レディースキャッシング)なのです。

その最大の特徴は、スタッフが全て女性ということです。女性スタッフが対応してくれるので、女性の方が安心して利用できるというわけです。
また女性の立場を考え、親切に丁寧に対応してくれるので、初めての方でも安心して利用することができます。

一般的な利用条件は、「安定した収入のある20歳以上の女性」となっています。

OLやアルバイト、パートだけでなく、自身に収入のない学生や専業主婦(両親や夫に収入がある)の方も利用することができます。またキャッシング利用時に、家族やご主人に知られないよう配慮してくれるのも、レディースキャッシングの特徴です。

レディースキャッシングには、ユニマットレディースやレイクレディースなどがありますので、融資条件などを比較して自分に合った商品を選びましょう。
キャッシングを選ぶ際、金利が低い方が返済負担を軽減できてお得です。

キャッシング会社には銀行系や信販系、消費者金融系などに分類できますが、それぞれを比較すると、基本的には銀行系が最も低金利になっています。

しかし中には銀行系以上に低金利を実現しているキャッシング会社もあります。

信販系では金利の低い商品も多く、さらにサービスや特典が非常に充実しています。

また近年では店舗を持たないIT系のキャッシング会社も出現しています。これらは人件費を含めた経費があまりかからないため、金利を低く設定できるという強みがあります。

現在では非常に多くのキャッシング会社、金融商品がありますので、申し込みをする前に十分な情報収集を行い、各キャッシング商品を比較・検討することが大切です。
近年ではIT企業が提供するIT系キャッシングも登場しています。

IT系キャッシングはインターネット上で事業活動を行っており、自宅にいながらインターネットを使ってキャッシングの申込みができるので非常に便利です。

また店舗を持たず人件費もかからないため、銀行系キャッシングに匹敵するほどの低金利で融資を行っており、利用限度額も高めに設定されているところが多いです。

IT系キャッシングの一例を紹介しますので、比較の参考にしてください。


・楽天クレジット マイワン
利率……6.9%~ 利用限度額……500万円

・イコールクレジット
利率……6.5%~17.5% 利用限度額……300万円

・ネットカード
利率……7.3%~ 利用限度額……300万円

・ライブドアクレジット
利率……15.0%~18.0 利用限度額……500万円

注)上記の融資条件は全て2007年7月時点のものです。
信販会社やクレジット会社が提供する信販系キャッシング。

信販系キャッシングの大きな特徴は、クレジットカードのサービスが付いてくるという点です。
通常のキャッシングサービスが利用できる他、ショッピングをする場合にはクレジットカードとしても活用できるので非常に便利です。

金利は銀行系と比較するとやや高めに設定されている傾向がありますが、これは一概には言えません。
例えばオリックスVIPローンカードでは実質年率6.9%~(2007年7月現在)と銀行系に負けないほどの低金利を実現しています。

また借入限度額も100~300万円程度で、これも銀行系に匹敵します。

そしてサービスや特典が非常に充実している点も見逃せません。クレジットカードは今の私達の生活には欠かせないものなので、1枚持っていると非常に便利です。
銀行系キャッシングは社会的信頼性が高く、安心して利用することができます。

特に初めてキャッシングを利用する方は不安を感じるものです。
しかし銀行系なら知名度もあり、社会的な信頼性もあるので、申込みしやすいという傾向があるようです。

また消費者金融系と比較すると、金利が低く設定されているという利点があります。

例えば三菱東京UFJ銀行系のモビットでは、金利は15.0%~18.0%(2007年7月現在)となっています。
他の銀行系も20%以下に抑えられていることが多いです。

また融資限度額も100万~300万円を上限に設定しているキャッシング会社が多いです。

消費者金融系と比較すると、基本的には金利は低く融資限度額は多いので、長期間に渡って借り入れたい場合には銀行系キャッシング会社が有利になります。
消費者金融系キャッシング会社の特徴は、利便性に優れているということです。

銀行系や信販系と比較すると柔軟に対応してくれることが多く、審査時間も短いという傾向があります。最近ではホームページ上に自動審査システムを導入している会社もあり、数秒で融資の可否や融資額の目安を教えてくれるので大変便利です。

またほとんどの消費者金融系キャッシング会社においては、即日融資を行っています。

そのため必要な時に手軽に利用できるという利点があります。

一方で銀行系や信販系と比較すると、金利は高い傾向があります。金利は18%~29.2%あたりに設定されていることが多いですが、グレーゾーン撤廃の方向からか例えばアコムのように12.0%~18.0%(2007年7月現在)程度に低く抑えられているキャッシング会社も存在します。

そのため利用する際には、各社の比較・検討が重要になってきます。
キャッシングの最大の魅力は、手軽に利用できるという点です。

通常のキャッシングで借りることのできる金額は50万円以下と小口なので、本人確認ができる書類さえあれば申し込みをすることができるわけです。
審査に必要な本人確認書類とは、「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」などの写しが1点となっています。

銀行の一般的な融資とは異なり、担保も保証人も必要ありません。
キャッシング会社は申込者の信用に対して貸し付けを行ってくれるのです。

ただし、それ以外の書類を要求されるケースもあります。

例えば50万円以上の融資を受けたい場合には、給与明細書や源泉徴収票の写しなど収入が確認できる書類も審査で必要となることがあります。

また他社借入れ件数が多い人や返済能力が乏しいと判断された人は、担保や保証人を要求されることもあります。
キャッシングを申し込む際には、どんな審査をするのか気になるところです。
そこでキャッシング会社の一般的な審査方法を紹介したいと思います。

まず申込みがあった場合、キャッシング会社は本人確認を行います。
これは本人確認書類のチェック、電話による勤務先の在籍確認、自宅連絡先の確認などで、申込み時の記入内容に誤りがないかを審査するわけです。

次に信用情報機関への照会を行います。

これは申込者の他社借入件数や借入額、事故・延滞情報など、過去のキャッシング利用状況を信用情報機関で確認する作業です。もし過去に延滞があったり、現在多くの金融機関からお金を借りている場合は、審査でマイナスの評価となります。

また属性モデルの分類も行います。

これは過去の顧客データの中から、申込者によく似た属性モデルをピックアップし、その人の利用履歴を確認します。そしてそこから今回の申込者の人物像や行動を予測するのです。
キャッシングの申込みから融資を受けるまでの流れを簡単に紹介します。

キャッシングの申込みは、「店頭」「無人契約機」「インターネット」などの方法があり、手順は少しずつ異なります。
ここではインターネットを例に挙げて紹介します。

まずキャッシング会社のホームページには、申し込みフォームがあります。
そこで氏名や住所、職業、勤務先、年収などの情報を入力し、送信ボタンをクリックします。

キャッシング会社はその入力内容を基に審査を行います。
電話やメールで借入意思の確認、勤務先などへの在籍確認も行われます。

その後、電話やメールで審査結果が報告されます。

無事に審査に通過した場合は、融資額などの条件が連絡されます。問題がなければ契約となりますが、希望条件と異なる場合はこの時点で断ることも可能です。

融資条件に問題がなければ契約となり、後日、契約書類されてきます。

指定された書類を揃え、必要事項を記入して返送すると契約締結となり、融資が実行されます。
即日融資の場合は、先に融資が実行されて後から契約書類が送られてきます。
キャッシングの審査基準は各社が独自に定めており、会社によって異なります。

一般的な基準としては「安定した収入のある20歳以上の方」というのが前提となっており、職業や年齢、年収といった情報を基に審査が行われることになります。

例えば職業の場合、離職率の低い職業が審査では有利になります。
具体的には公務員やサラリーマンといった職業です。

逆に自営業者はやや分が悪いと言われています。またタクシー運転手や日雇い労働者、作家や芸能人など、離職率の高い職業や不安定な職業は不利な傾向があります。

また無職の人は返済能力がないと判断されるため、審査で確実に落とされます。

この他にも就業年数も審査基準では重視される要素になっています。
一般的には1年以上勤務していれば問題ありません。

しかし勤務期間が半年以下の場合は、融資を受けられないケースもあるようなので注意が必要です。
キャッシングは誰でも利用できるものではありません。
キャッシングを利用するためには、各金融機関の審査にパスする必要があります。

キャッシングの審査は、申込時に記入する個人情報などで行われます。
つまりあなたの職業や年齢、住居種別、婚姻、他社利用額などから、あなたに融資できるか否か、また融資できるなら幾らぐらいの額かを審査するわけです。

審査では勤務形態や居住年数を含め、総合的に判断が行われます。

その中でも年齢や職業、電話(固定or携帯)、居住年数といった属性は特に重視される傾向があるようです。

ただ審査基準は各社によって異なるため、例えばA社の審査では落とされたが、B社ではパスするということも珍しくありません。また融資額にも差が生じることもあります。

そのため申し込み前には、各キャッシング会社をじっくり比較・検討する必要があります。
個人の信用力に対して融資を行うキャッシングは、基本的には無担保の融資です。

キャッシングの申し込みに対して信用力が低く評価されれば、融資金額は少なくなり、信用力がどんなに高くても1,000万円というような金額をキャッシングで融資してくれる金融機関はまずありません。

そこで高額借入が可能な融資として、不動産担保ローンがあります。
所有している不動産の担保価値に応じて、融資を行うものです。

不動産担保ローンの場合には、所有不動産の担保価値に応じて融資金額が決まり、借入後は完済するまで債権者の抵当権が所有不動産に設定されることになります。

キャッシングを利用する場合、特に費用はかかりませんが、不動産担保ローンを利用する場合には、所有不動産の調査料や抵当権設定に関する登記費用、書法書士の手数料、契約印紙代などの諸費用がかかります。

また、不動産の担保評価を出したり、抵当権を設定したりするため、融資実行までにある程度の時間が必要になります。
事業者向けの融資は公庫や銀行などが一般的でしたが、近年はキャッシング同様の審査で借入できるところが増えました。

開業資金や事業資金調達の場合、金額が大きく長期に渡る借入であることが多いため、低金利の銀行等と利用されることが多いようですが、銀行等は審査が厳格なため、スピーディな融資実行が難しい場合があります。
そんなとき、キャッシング同様の審査を行う事業者向けの融資では、保証人や担保なく、面倒な手続が少なくすみ、スムーズな融資が可能です。

事業者ローンはビジネスシーンでの資金調達を見込んだものですので、融資枠も、個人向けのキャッシングより高額に設定されています。

例えばアイフルグループのシティズが提供するスーパービジネスローンでは、最大1,500万円までの融資枠が用意されています。

ただし、事業者ローンは目的ローンの一つですので、利用者は経営者や事業としての実態を証明する必要がある場合があり、誰でも利用できるものではありません。
キャッシングローンの中でも、身近なものの一つが自動車ローンではないでしょうか。
オートローンとも言われる自動車ローンを選ぶ場合、新車購入の場合にはある程度限度額が大きなキャッシング業者を選ばなければなりません。

新車の場合には、車種にもよりますが100万円前後からの資金が必要になる場合が多いでしょう。
すると、初めてのキャッシング利用でも限度額を多く融資してくれるかどうか、他にキャッシングを利用していても希望額を融資してくれるか、というのがキャッシング業者の比較観点の一つになります。

日立キャピタルの日立自動車ローンや、損保ジャパンの損保ジャパンN300などは新車購入のみが対象になります。
ネットローンのオートローンは中古車の購入時にも利用できます。

カーディーラーがオートローンを紹介してくれることもありますが、個人売買でオートローンを利用する場合には、車の新古で利用条件に違いがないか、個人申込が可能かどうか、などを確認する必要があります。
お金を借りるという広義の意味では、住宅ローンもキャッシングの一つということができます。

住宅ローンは長期間に渡って高額融資を受けることと、国民の生活基盤を整えるため住宅の取得を後押しする、という性格付けのため、金利はフリーローンのキャッシングに比べると低金利に設定されています。

住宅ローンでは、年収の約20%から40%を目安にして融資が行われます。
これを収入に対する返済比率といいます。

住宅ローンの審査時には、借入しているキャッシングやオートローン、持っているクレジットカードの限度額も含めて、審査基準の返済比率に入っていなければなりません。

住宅ローンの返済比率は、各銀行や借入希望額、使いたい金利によって違います。
もし住宅ローンの審査が通らず別の銀行や会社に再度申し込みをする場合には、審査基準の違うところを選ばなければいけません。
ブログ内検索
スタートページにする
女性に優しい低金利融資
他社借入限定の低金利
♪低金利キャッシング紹介
♪低金利カードローン
最近の記事
最近のトラックバック
リンク
ランキングに参加中です♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。