キャッシング超低金利金融サービス暴露

キャッシングで超低金利サービスを利用することで、最高の条件で自分に合ったサービスをお得に受けることが可能になります。数ある金融サービスの中から、確実な低金利キャッシングサービスを暴露します。

2008年02月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 恐るべし信用情報機関のデータ(02/29)
  3. 自分に合ったキャッシング申込み方法(02/28)
  4. 誠実に申込む事が一番大切なキャッシング(02/27)
  5. 闇の金利(02/26)
  6. 悪徳ヤミ金融を見破る極意(02/25)
  7. 自己破産後のメリット・デメリット(02/24)
  8. 自己破産の流れ(02/23)
  9. 自分に合った債務処理(02/22)
  10. 債務処理の種類(02/21)
  11. 多重債務を防ぐ唯一の方法(02/20)
  12. キャッシングカードの前向きな利用法(02/19)
  13. キャッシング会社のそれぞれの特徴(02/18)
  14. キャッシングの怖さを知った上で利用することが大切(02/17)
  15. キャッシング業界の変化を読み取る(02/16)
  16. キャッシングに対する意識(02/15)
  17. 数あるキャッシングの中でも最も高額融資を受けられる不動産担保ローン(02/14)
  18. ビジネスローン審査時に必要な書類(02/13)
  19. 自動車ローンを組むときの注意点(02/12)
  20. 住宅ローンの種類(02/11)
  21. トラベルローンの比較(02/10)
  22. 目的ローンの利点(02/09)
  23. 高額融資が増えたキャッシングサービス(02/08)
  24. 無利息キャッシングの利用(02/07)
  25. 手軽に利用できる学生ローンのサービス(02/06)
  26. 丁寧な対応が好評のレディースキャッシング(02/05)
  27. 賢い消費者金融の利用法(02/04)
  28. 賢い低金利キャッシングの利用法(02/03)
  29. 誰にも知られずにキャッシング可能なIT系キャッシング(02/02)
  30. 特典の豊富な信販系キャッシングの魅力(02/01)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
キャッシングの審査を行う上でどの系統でも個人情報の照会をします。出来るだけ貸し倒れのないようにする為です。

どのような個人情報機関があるかと言うと

・全国銀行個人信用情報センター(全銀協)
銀行や信用金庫などが中心で銀行系のカードローン会社や信販会社も含みます。

・全国信用情報センター連合会(全情連)
クレジット会社と消費者金融業者など銀行以外の業者です。

・株式会社CIC(CIC)
クレジット会社などです。

・株式会社CCB(CCB)
消費者金融業者が会員多数を占めています。

・テラネット
全情連と同じくクレジット会社と消費者金融業者など銀行以外の業者です。

・CRIN
CIC・全銀協・全情連の3社でブラック情報を共有していますので普通の個人情報に関してはあまり共有されていません。

以上の事から個人情報の共有されている所での多重融資は審査の際非常の不利になります。
また、事故の情報に関しては最長で7年間保存されますがそれを過ぎるとデータは失われます。
スポンサーサイト
キャッシングでの申込みの方法もここ最近色々変化しています。

・インターネットでの申込み(パソコンや携帯電話のインターネットでの申込みが出来るが電話での在籍確認や身分証明書などは郵送が必要)
・自動契約機での申込み(モニターやカメラでの与信はあるとはいえ直接社員と接しない分楽です。駅前を中心に自動契約機を設置している)
・店頭窓口での申込み(機械での申込み手続きより店頭の方が安心出来る)
・電話やFAXでの申込み(申込みの手続きに利用し後日契約を交わすと言う場合で少しでも時間短縮出来る)
・郵送での申込み(郵送は時間がかかりキャッシングの必要な人は余り利用しないが申し込みから契約完結が可能)

などと色々ありますが、どの方法が今の自分に一番良いかは比較しながら検討する事です。
キャッシングの際の審査は貸す側にはとても大切な事です。
どの様な条件が必要なのかどの様な方法なのかはそれぞれの系統別にありますが基準では、

・年齢や家族構成(20代後半から30代な働き盛りである為評価の基準は高い)
・職業や年収(社会的信用の高い職業は通りやすい)
・住居や電話番号(電話は固定電話の方が良い、住居も賃貸より持ち家が良いなどで判断)
などの個人の情報と

・他社の借入れ件数(他社の借入れ件数が多い程審査が厳しくなる)
・事故の情報(3ヶ月以上返済を滞納したや債務整理などがあった)
などの過去の利用状況が重要になります。

このような情報を個人信用機関に照会しどのくらい貸せるかと言う判断をするのです。
いずれにせよどのような情報もばれるので隠さず誠実に申込む事がキャッシングをする際の大切です。
キャッシングのローン金利には制限があり利息制限法と出資法があります。

利息制限法とは、元本10万円までが年20%まで、10万円以上100万円までが年18%まで、100万円以上が年15%と定められているのですが、この法は罰則規定がない為規定以上の金利で設定してしまします。

もう一つが出資法は貸金業者だと29.2%までと定められ、それを超えると違法金利として罰せられます。

この2つの法の間での金利を設定しているこれがグレーゾーン金利といいます。
多くの貸金業者はその枠内で金利を設定しているのが現実です。

しかしこのグレーゾーン金利が問題となり、撤廃の動きが本格的に審議されています。
もし撤廃されれば金利が安くなる点ではメリットがありますが、その分利益が損なわれる貸金業者は審査を厳しくしたりと、今までの貸金業者のイメージが変わる可能性があるのではと言われています。
最近はキャッシング会社の多さにびっくりするほどですが、利用する際にどこを基準に悪徳ヤミ金業者を見抜けばよいのか知識を持っておかなければいけないのです。
財務局長の登録か、都道府県の登録が必要になります。

これも3年に一度更新する必要があります。しかしその登録が偽造かどうか確認をする事です。
もし財務局長や都道府県に登録がなくても貸金業協会に加盟しているかもしれないのでチェックが必要です。
但しこれは任意の加盟なので登録していても悪徳ヤミ金業者かもしれないので注意が必要です。

次に、金利法律で定めてある枠内であるかチェックです。
また色々な所に貼られた広告にも注意が必要です。

他には、審査や限度額などで誘うような表現の広告や、貸金協会加盟企業の広告承認番号が記載されているかどうか。

紹介屋・整理屋・買取屋・090金融・システム金融などもありますのでくれぐれもキャッシングの際は注意が必要です。
キャッシングだけとは限りませんが、借金を返済が出来ずに自己破産してしまった場合にいくつかのメリット・デメリットがあります。
メリットは、すべての借金がなくなること。

デメリットに関しては、誤解された情報が流れているようですが、しっかりと覚えておく必要があります。

・選挙権がなくなる
・年金の受給が出来なくなる
などは大きな誤解です。

実際はどの様な事があるかと言うと、

・官報に掲載される事ですがその内容は氏名・住所などです。
・全国の市町村にある破産者名簿に氏名が記載されます。これは非公開ですので決して公にはなりません。
・破産宣告後7年間はクレジットカードを作ったりキャッシングやローンを組むことも出来ません。
・資格制限があり弁護士・司法書士・税理士・公証人など免責が決定したら資格制限がなくなります。
・郵便物はすべて管財人に送達・開封されます。
・転居や長期旅行も許可が必要。
・最低限の生活必需品以外はすべてなくなります。

以上の事があります。
キャッシングローンによってお金の返済が出来なくなってしまった結果、最終的に自己破産を選択する事となった場合、その手順はどういう物なのか順を追って紹介します。

まず地方裁判所に自己破産の申立に行き提出書類・必要書類に記入し、免責不許可事由がないかチェックし問題がなければ予納金3万円前後を収め受理されます。

その後1~2ヶ月で地方裁判所より呼出があり面接後申立に対して破産の手続き開始します。
申立人に財産があればそれを債権者に債権額に応じて振り分けられます。

ここまでで自己破産は成立しましたが、まだ借金の免責は出来ていませんのでその手続きを行ないます。
免責申立てをし免責審尋を行いその後債権者が異議申し立てがなければ免責が決定します。

これで借金の返済を免れる事が出来ました。
しかしこの様な事にならないようにキャッシングの際は、きちんと返済計画などと考えたいところです。
債務整理はキャッシングにより返済出来ないと判断した時に出来る人生再生の為の方法です。
その方法は4つあります。

個人再生・任意整理・特定調停・自己破産ですが、どの方法が一番良いのでしょうか。比較してみる必要があります。

まず自分がどうしたいかを決める事です。
今残されている財産をすべて放棄するのか、但しこの借金は浪費やギャンブルなどが原因であれば自己破産は出来ませんのできちんと頭に入れておきましょう。

それを踏まえて4つの方法と比較し検討していきます。

個人再生とは、
借金の理由により自己破産が出来ないが住宅ローンのある家は残したいと言う人の方法。

自己破産は、
すべての所有財産は処分されても良い(住宅ローンも含む)人の方法。

任意整理は、
債権者に対して直接交渉する人の方法。

特定調停は、
裁判所が間に入り交渉する方法です。

どの方法が一番適しているかは、専門家に相談する必要がありますね。
色々手を尽くしたがキャッシングでのローンを返済出来なくなってしまった・・などと言う事はあってはならないが起こってしまう事もあります。

その場合は何を考えますか?
周囲にしれたらどうしようとか、自分の力で返済しようとか最後の最後まで一生懸命努力するではずです。
その結果、逃亡・死などを選ぶ人も少なくありませんがそう考えるのは間違っています。

確かに経済的には結末を迎えたかも知れませんが、人生の結末を迎えたわけではないのですから社会的責任を取る事を選択すべきです。
その方法として債務整理があります。

個人再生・任意整理・特定調停・自己破産と4つの方法があるのです。
それぞれの特徴があるのできちんと専門家に相談してどの方法にするか選ぶべきです。

又どの様な所で融資を受けたかによっては利息制限法で借金は想像していたよりそれほど多くはないかもしれませんから色々な方法を比較検討する事です。
キャッシングのローンで返済が上手く出来ない人は何が原因でしょうか?
大きな理由として上げられるのは多重債務です。

これは、借金の返済が出来ないので別のキャッシング会社に借入れをすると言う繰り返しの事です。
少し前は過剰な買い物だとかギャンブルと言うのが主流でしたが、ここ数年ではそれに付け加え中高年層の多重債務が増加しています。

そこには現在の不況の影響ではないかと言われています。
バブル崩壊後の影響でリストラや倒産、失業による収入の減少が上げられています。

バブル時代と言えば今の50代~60代の人達は、TVなどでも目にするのですが、会社に行くような振りをしていつのも様に出勤し、その後は公園で時間をつぶすなどと言う場面が思い浮かびます。

今の自分に降りかかった状況を家族にも相談出来ない為、結果的には借金を作ってしまったと言う事です。
どんな状況であれ家族に相談する事が多重債務(借金)を防ぐ方法です。
キャッシングカードを作ってどのように利用しているのでしょうか?

自転車操業の様に借金の埋め合わせにカードを作ると言う人もいるでしょう。
又、リストラや会社の倒産などの理由を家族に話せずキャッシングをしてしまうなどと言う人や、もちろんギャンブルの為と言う事もあります。

しかし最近はその暗いイメージとはかけ離れています。
会社の付き合いでの急な出費の為、家族との旅行の為など急にお金が必要なので一時的に利用する人が増えてきています。

又キャッシングカードによってはそのカードを提示すると、割引になったりと言う特典も有りそこをいかして活用しています。
こう見るとちゃんとそのカードの特色を利用して有効に活用しています。

こうして見るとちゃんとそのカードの特色を利用して有効に活用している人達もいます。
こうなるとキャッシングカードは便利な物です。
キャッシング会社には色々分類されています。

銀行系・消費者金融系・信販系(クレジットカード)と大きくこの3つに分かれます。
しかし最近では、IT系(ネット)・流通系などと言う分野もどんどん参入してきています。

銀行系は、
大手の銀行が小口融資の事業拡大・顧客確保の為に行なっています。金利が安く安心度・信頼度を売りにしている所が特徴です。

消費者金融系は、
審査から融資までの時間が早い膨大な個人情報をもっていると言う特徴があります。

信販系は、
クレジット会社と言う事もあり普段利用しているカードにキャッシング機能がついていると言う点が特徴です。

IT系は、
インターネットを利用した業務を展開している為店舗を持たない点が特徴です。

流通系は、
  大手スーパーや、百貨店が出しているカードな為ポイント制や割引などのサービスが特徴的です。

比較検討してどこが今の自分に一番良いか考え、利用するべきです。
キャッシングの怖さを知っていて利用しようとしているのでしょうか?
軽い気持ちでのキャッシングはお勧めできません。

TVのCMなど至る所で審査は簡単など、とても気軽に簡単に便利な物だと言うイメージが植えつけられています。

現実的に自分が必要な時に申し込めば即融資が出来、その場で引出せて、返済の額も最低金額さえ守って入金すれば良いと言うのです。
しかしそこには安易に信用してしまう浅はかな考えの人達がいるのです。

ちゃんと知っているのでしょうか利率を・・・ちゃんと考えているのでしょうか返済計画を・・キャッシングの知識を持ち、自己管理をきちんと出来ていれば何も怖い事ではありません。

最終的に何もかもを失わないように慎重に行動する事です。
生活の潤滑油となるかならないかは自分次第です。
キャッシングの悪いイメージも変わりつつあります。
最近ではよくCMでタレントを使い積極的に好感度アップを計っているのを目にする事ができます。

借入れの際、審査が通れば簡単にキャッシングが出来きるし、又返済も自由に出来るなど自分の生活のサポートをしてくれる強い味方なのかもしれません。
キャッシング会社も数多くある為どこにしようかと迷うほどです。
比較検討しながら自分にあったキャッシング会社を選ぶ事が大切です。

こう見ても借りる方には色々と選択出来て良い点ばかりですが、最近のキャッシング業界も厳しくインターネットなどの普及に伴い、有人店舗の利用客の減少で店舗の削減や社員のリストラなども行なわれているのが実態です。

又外資系との業務提携や優良顧客確保など業界再編に向け取り組んでる所です。
キャッシングといったイメージはもはや変わりつつあります。
どうしても行きづらかったキャッシングの申し込み手続きもインターネットなどの方法で出来るようになったおかげでしょうか・・・
顧客の数も増加の傾向にあります。

その反面自己破産の数も急増しています。
銀行やクレジット会社、サラ金業者などからの多重債務、バブル崩壊後の不況の影響でリストラ・倒産・失業により収入の減少が大きな要因のようで中高年層の自己破産が急増しています。

インターネットでも各地方裁判所での自己破産者(免責決定者)の大まかなデーターが観覧できます。
もちろん官報にも掲載され、掲載日や住所・性別・免責日などが記載されています。
その多さにびっくりするほどです。

キャッシングは上手に利用すれば人生の潤滑油とする事ができますが、一歩間違うと大変な結果が待っているのです。
数あるキャッシングの中で最も高額な融資を行ってくれるローンの一つに、不動産担保ローンと呼ばれるものがあります。
文字通り不動産を担保にして融資を受けるローンです。

不動産担保ローンの対象となる不動産としては、次のようなものがあります。

・一戸建て住宅 ・ビル ・マンション ・更地 ・底地 など

不動産という大規模な資産を担保に入れるので、数十年という長期間に渡って安い金利で高額の融資を受けることが可能になります。
これが不動産担保ローンの大きな特徴です。

ただ実際にどの程度の融資を受けられるかは、不動産の価値によって決まります。

不動産の専門家が対象物件の価値を査定し、それに応じた資金を貸し出してくれます。

この査定はやや時間がかかるので、通常のキャッシングのように申し込んだその日に融資を受けるということは不可能です。
また実際に融資を受けたものの返済ができなくなった場合には、担保となった不動産は競売にかけられることもあります。
事業者ローンは、中小企業や自営業者を対象としたキャッシング・サービスです。

現在では消費者金融だけでなく、銀行やノンバンクなど多くの金融機関が事業者ローンを導入しています。
そのため各社を比較し、自分に合ったローンを選ぶことが大切です。

事業者ローンを選ぶポイントを簡単に紹介しておきます。

まずは審査。事業を行っていれば、不意に高額の資金が必要になるケースがあります。
そのため素早く審査して融資を行ってくれるかが重要になってきます。

また必要なだけの金額を融資してくれるかも大切な要素です。

さらに高額の融資の場合には、十分な返済期間があるかのチェックも忘れてはなりません。

申込み時には本人確認書類のほか、収入証明書や住民票、営業許可証、印鑑証明書など、様々な書類が必要になります。

利用前には金融機関に問い合わせて、きちんと確認してください。
キャッシングには使い道自由のフリーキャッシングと、使い道が限定された目的ローンがあります。

自動車ローンは新車や中古車の購入、修理や車検、免許取得の費用に関わる目的ローンです。
金融機関によっては、オートローンやマイカーローンと呼ばれることもあります。

一般的な融資額は数十万円~300万円ほどで、無担保で借り入れることができます。

自動車ローンを選ぶ際には、やはり金利の安い商品を選んだ方が有利です。

また固定金利か変動金利かという金利の種類についても確認が必要です。例えば変動金利を選んだ場合、市場の金利が上昇すると返済負担が大きくなるので注意してください。

この他にも融資額やその他の条件に関してもチェックしておくことが大切です。

また金融機関によっては新車、中古車、修理代などの用途によって利用できるローンが細かく分けられていることがあるので、自分の目的に合わせて利用する必要があります。
住宅ローンはキャッシング(ローン)の中で、最も高額な融資になります。
それだけに通常のキャッシングのように、手軽に借りるというわけにはいきません。

住宅ローンには、以下のように様々な種類があります。


○公的ローン
・財形住宅融資:財形貯蓄を1年以上続け、預金が50万円以上ある人が利用できる。
・自治体ローン:各自治体が扱っているローンで、融資条件は自治体ごとに異なる。

○民間ローン
・銀行ローン:公的ローンよりも融資の条件が少なく、利用しやすい。
・生保ローン:銀行ローンと比べると窓口が少ない。提携ローンが多い。
・ノンバンクローン:クレジット会社や信販会社の住宅ローン。金利はやや高い。
・フラット35:低金利で長期固定を実現したローンで、多くの金融機関が扱っている。


住宅ローンは数十年という期間に渡って借り入れることになるので、単に金利や返済方法だけでなく、将来の自身の人生設計(定年や子供の養育費)も視野に入れながら資金計画を立てる必要があります。
トラベルローンとは、旅行代として利用できるキャッシング商品です。

旅費のほか、旅行に関わる様々な費用としてトラベルローンは利用することができます。

これは目的ローンと呼ばれる使い道が限定されたローンなので、旅行以外の目的で利用することはできません。
ただし通常のキャッシングよりも金利は低く設定されているというメリットがあります。

トラベルローン(目的ローン)を扱っている金融機関は様々あります。
以下に少しだけ紹介しておきますので参考にしてください。


○プロミス
融資限度額:300万円(新規の場合は上限200万円まで)
利息:7.9%~17.8%
必要書類:本人確認書類、銀行届出印、旅行見積書・予約確認書など


○ネットローン
融資限度額:200万円
利息:9.8%~19.533%
必要書類:本人確認書類、旅行見積書など


○アエル
融資限度額:200万円
利息:22.90%~27.30%
必要書類:健康保険証・免許証など
キャッシング会社では資金の使い道が自由なフリーキャッシングの他に、引越し代や教育費、旅行代など使い道が限定された目的ローンという商品も取り扱っています。

目的ローンの利点は、フリーキャッシングよりも金利が安いことです。

どのような目的ローンを扱っているかは金融機関によって異なります。

例えばプロミスでは、「トラベル」「教育」「冠婚葬祭」「デンタル(歯科)」「出産」「引越し」「リフォーム」「テレフォン」「オート&ライセンス(自動車)」「カルチャー&スポーツ」など、それぞれの使途によって豊富な目的ローンを取り揃えています。

通常のキャッシング同様、多くの目的ローンでは原則として担保や保証人は不要です。
ただ本人確認書類のほか、見積書や診断書、請求書などを提出しなければなりません。

また住宅ローンの場合は非常に高額になるため、手続きや審査も複雑になります。
通常キャッシングというと、50万円以下の小額の融資のことを意味します。
その場合は無担保・保証人不要で、本人確認書類さえあれば融資を受けることが可能です。

もちろん50万円以上の融資を受けることも可能です。

ただその場合は収入証明書類の提出を求められたり、保証人を要求されることがあります。

キャッシングの限度額は各社まちまちですが、銀行系の場合は300万円に設定されていることが多く、消費者金融系で50万円~100万円程度となっています。

キャッシング会社の限度額を一部紹介しますので、比較してみてください。

・オリックスVIPローン……限度額500万円
・楽天クレジット……限度額500万円
・モビット……限度額300万円
・アットローン……限度額300万円
・プロミス……限度額300万円
・ノーローン……限度額200万円
・レイク……限度額50万円
キャッシングを利用したいが、利息は払いたくない……

というのは誰もが考えることです。

しかしキャッシング会社の中には、短期間なら金利ゼロで融資を行ってくれる無利息キャッシングのサービスを行っているところもあります。
大抵は初回の利用のみ無利息となっていますが、中には二回目以降も無利息で融資を受けられる会社も存在します。

無利息の期間は10日間や15日間、30日間など様々です。
以下に無利息キャッシングを行っている会社を紹介しますので、比較してみてください。


・ディック
無利息期間:30日(初回のみ)
利率:12.88%~
融資限度額:300万円


・ノーローン
無利息期間:1週間(1週間以内に返済すれば次回も1週間無利息)
利率:15.0%~18.0%
融資限度額:200万円
最近は学生ローンを扱うキャッシング会社が、学生街などでよく見かけられます。

大学生や短大生、専門学校生、予備校生、浪人生を中心にサービスを行っているキャッシング会社で、通常のキャッシング同様、無担保・保証人なしで融資を行ってくれます。

収入の少ない学生を相手にしているということで、比較的、柔軟に対応してくれる傾向があり、手軽に利用できるサービスになっています。

ただ学生ローンを扱っているのは中堅以下の消費者金融が多いので、一般的なキャッシングと比較すると利便性が劣っている傾向があります。また一般的なキャッシングと比較すると、金利は全体的に高めに設定されていることが多いです。

しかしイー・キャンパス(年利16.80%~18.0%)や本田ちよ「キャンパス・ローン」(年利19.2%)のように比較的低金利で融資を行っている会社もあります。

学生ローンを利用する際には、金利や利便性を比較して検討する必要があります。
近年では女性専用のキャッシング商品も数多く登場しています。

レディースキャッシングでは、応対するスタッフは全員が女性です。そのためキャッシングに対して怖いイメージを持っている方も、安心して利用することができます。

この他にもサービスや特典を豊富に取り揃えている会社もありますので、単に金利だけで判断するのではなく、各商品を総合的に比較して商品を選ぶ必要があります。

レディースキャッシングでは、丁寧に応対してくれるので、キャッシングが初めての女性は利用しやすくなっています。

またレディースキャッシングの中には、女性だけでなく男性もOKという会社もあります。
消費者金融系キャッシング会社は、優れた利便性や柔軟な対応、スピード審査を売りにしているところが多いです。
しかし金利や融資限度額、審査時間は各社まちまちです。

そのためキャッシングの申し込みをする前には、各社の条件を比較する必要があります。

少し敬遠してしまう消費者金融系キャッシングも、グレーゾーン撤廃により利用しやすくなっています。

ただ各社を比較する場合、金利や融資額だけで有利不利の判断はできません。

返済方法や返済方式、店舗やATMが自宅(会社)の近くにあるかなど、総合的に判断する必要があります。
また利用限度額とは別に、実際に幾ら融資してくれるかも重要です。
「キャッシングを利用するなら、やはり金利は安い方がいい」

というのは、当然の考えです。

低金利のキャッシング商品と言えばやはり銀行系ですが、信販系の中にも金利を低く設定している会社があります。
オリックスVIPローンカードの金利は6.9%~で、セゾンカードローンも金利8.0~18.0%と低くなっています(2007年7月時点)。

またIT系のキャッシング会社も低金利で融資してくれるところが多いです。
そのため各社を比較し、金利の安いキャッシング会社を見つけることが大切です。

しかしキャッシングを利用する場合には、単に金利だけを見ていてはいけません。

果たして希望する額を融資してくれるのか、返済方式はどうなっているのか、自宅や会社の近くにATMがあるか、利便性に優れているかなど総合的に判断する必要があります。
IT企業が運営するIT系キャッシングは、インターネットで簡単に申込みができます。

HP上にある申込フォームに必要事項を記入するだけで、申込みができます。

審査結果は電話やメールで通知され、後日書類が郵送されてくるので必要事項を記入して返送すれば契約が締結されるという流れになります。

基本的にIT系キャッシングは店舗を持っていないため、申込み~契約までインターネットを使って行うことになります。店舗に足を運ぶ必要も業者と顔を合わせることもないので、誰にも知られずにキャッシングできるという利点があります。

また銀行系と比較しても、金利の低さや融資限度額に遜色ありません。

IT系キャッシングには楽天クレジットやイコールクレジット、ライブドアクレジットなどがありますので、各商品を比較して自分の希望に合ったものを選ぶようにしてください。
有名な信販系キャッシングには、オリックスVIPローンやセゾンカードローン、ライフプレイカード、ソニーファイナンス、OMCフォーライフなどが挙げられます。

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング機能が分けられているため、使い分けができるというのが信販系キャッシングの大きなメリットと言えます。

金利は低いところから高いところまで幅広く、特典やサービスも各社まちまちです。

付帯サービスにはグループ関連施設の優待割引や旅行保険、ショッピングで利用するとポイントがもらえるなど、種類も豊富で充実した内容となっています。

そのため申し込みをする前には、各社をじっくり比較して自分に合った商品を選ぶことが重要になってきます。単に金利や利用限度額、返済方法だけでなく、どんなサービスや特典があるかについても確認する必要があります。
ブログ内検索
スタートページにする
女性に優しい低金利融資
他社借入限定の低金利
♪低金利キャッシング紹介
♪低金利カードローン
最近の記事
最近のトラックバック
リンク
ランキングに参加中です♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。