キャッシング超低金利金融サービス暴露

キャッシングで超低金利サービスを利用することで、最高の条件で自分に合ったサービスをお得に受けることが可能になります。数ある金融サービスの中から、確実な低金利キャッシングサービスを暴露します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
消費者金融大手のアイフルは9月18日、取引金融機関に対し債務の返済猶予を求める、と発表しました。
私的整理の一種である「事業再生ADR」活用の事前協議に入っており、来週にも決まる見通しとのことです。
金融機関からの借入金は約3千億円で、大手消費者金融の私的整理は初めてです。
2008年から始まった事業再生ADRの活用としては、過去最大規模となります。

アイフルは、過払い利息の返還請求が膨らんだことや、金融危機で資金調達環境が厳しくなったことから経営が悪化し、金融支援を受けて経営再建を目指します。

アイフルによると、来年2010年3月まで取引銀行に対し、債務の残高維持を求めるほか、返済期限の延長も要請する予定ですが、債務の免除や債務の株式化は検討していないようです。
アイフル傘下の消費者金融ライフ、マルトー、シティズの3社も枠組みに加わる予定です。

アイフルは事業再生ADRの利用に当たって事業再生計画を策定、人員削減や店舗整理などで事業を一段と縮小させる見込みです。

また、アイフルは東京証券取引所1部上場しているが、上場は維持される見込みのようです。

主要取引銀行は、住友信託銀行、あおぞら銀行、中央三井信託銀行で、その他多数の地方銀行も融資しており、業績に悪影響を与えそうです。
住信は「必要な協力について前向きに検討する」としています。

改めて、キャッシング業界の経営の深刻さが浮き彫りとなった様相です。
消費者金融の中でも、特に自社で資金繰りをしなければならない、今回のアイフルや武富士などの独立系消費者金融は、さらに資金繰り環境の悪化が懸念されています。

今後、キャッシング業界はさらなる業界再編や淘汰が進むと予想されます。

人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
ブログ内検索
スタートページにする
女性に優しい低金利融資
他社借入限定の低金利
♪低金利キャッシング紹介
♪低金利カードローン
最近の記事
最近のトラックバック
リンク
ランキングに参加中です♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。